富士フィルム FUJIFILM X-T30 : オススメのレンズやレンズキット、X-T3,X-T20と性能比較

FUJIFILM X-T30

軽量でコンパクトながら、上位機種X-T3の性能を多く受け継ぎ、”ミニXT-3“とも呼ばれる高性能なFUJIFILM X-T30

コスパ抜群で、これらか写真を始める方にはもちろん、X-T20や他のメーカーから買い替えをする方にも十分満足できるカメラで、写真を思う存分楽しませてくれるでしょう。

とーます君

でも、レンズがいっぱいあってどれにすればいいかわからないなぁ…

写真の楽しさを味わうためにはレンズキットやズームレンズではなく、単焦点レンズの購入がオススメです。

X-T30と使用する最初の1本であれば、その中でも標準の単焦点レンズの XF 23mm F2 R WR (35mm換算で35mm)か XF 35mm F2 R WR (35mm換算で53mm)のどちらかにしましょう。

Fujifilm XF 23mm F2 R WR

標準単焦点レンズ

 Amazonで探す

XF 23mm F2 R WR (35mm換算で35mm)

 

Fujifilm XF 35mm F2 R WR B

標準単焦点レンズ

 Amazonで探す

XF 35mm F2 R WR (35mm換算で53mm)

35mm換算(参照:焦点距離, 35mm換算とは?) で35mmと53mmとどちらも標準の焦点距離です。

iPhoneやGalaxyなどスマホのデフォルトの焦点距離は約26~28mmと少し広角です。

もしその画角に近い感じで撮りたいのであれば、XF 23mm F2 R WRを。もっと狭い画角(iPhoneのポートレートモードの画角)がいいのであれば XF 35mm F2 R WRがオススメです。

とーます君

実際にスマホで見てみるとわかりやすいね!!

ここからはその他のオススメレンズやレンズキットを紹介していきます。

その後、前機種のX-T20からどう進化したのか、またX-T3とどう違うのか比較し詳しく解説します。

この記事を読んでわかること
  • X-T30と一緒に買うべきおすすめのレンズ
  • オススメのレンズキット
  • X-T30とは
  • X-T20との違い
  • X-T3との違い

X-T30:オススメレンズ (シーン別)

先ほどもお伝えした通りFujifilmのレンズラインナップはかなり豊富です。

また、Fujifilmは映画用のレンズも生産し世界中から高い評価を受けており、レンズのクオリティはトップクラスです。

その中でも今回は、X-T30と一緒に買うべきオススメレンズをシーンや目的別にご紹介します。

とーます君

X-T30はAPS-Cサイズだから、焦点距離は表記から35mm換算で1.5倍の画角になるね

X-T30 レンズ:普段使い / 街撮り / 旅行用

まず普段使いなどにオススメの標準の単焦点レンズです。

特に撮りたい被写体が決まっていない場合や、普段から使ったり、旅行に持って行ったりするのに使い勝手のいいレンズを紹介します。

これは冒頭でも紹介した通り、XF 23mm F2 R WR か XF 35mm F2 R WR がオススメです。

created by Rinker
富士フイルム
¥41,490 (2019/10/12 08:43:24時点 Amazon調べ-詳細)

この二つのレンズはどちらもシルバー用も用意されています。

Fujifilm XF 23mm F2 R WR S

標準単焦点レンズ

 Amazonで探す

XF 23mm F2 R WR シルバー

 

Fujifilm XF 35mm F2 R WR S

標準単焦点レンズ

 Amazonで探す

XF 35mm F2 R WR シルバー

ズームレンズも選択肢として考えていらっしゃる方も多いかとは思いますが、Fujifilmユーザーで写真家の保井崇志さん(@_tuck4)は写真を始めてから最近まで単焦点レンズしか使ってこなかったそうです。

 

それほど単焦点レンズが魅力的で、保井さんも「”縛りのなかで切り取る”感覚が気持ちいい」とRECOの記事でおっしゃられています。

写真家の矢野拓実さん(@takumiYANO_)も単焦点レンズをメインに作品撮りをされているようです。

とーます君

FujifilmはAPS-Cなのでレンズが小さく携帯性が高いから、単焦点レンズ使う人が多いのかもね

ステップアップを考えている方 / 予算のある方

紹介したお二人のようにX-T3などのハイエンド機を使用している人、もしくはX-T30から後々X-T3などにステップアップを考えているのであれば、同じ23mm・35mmでもF1.4かつ性能も優れている、XF23mm F1.4 R XF35mm F1.4 R も選択肢になるでしょう。

Fujifilm XF 23mm F1.4 R

標準単焦点レンズ

 Amazonで探す

XF 23mm F1.4 R

 

Fujifilm XF 35mm F1.4 R

標準単焦点レンズ

 Amazonで探す

XF 35mm F1.4 R

X-T30 レンズ : ポートレート (中望遠)

ポートレートはよく85mmのレンズが王道と言われています。

こちらのXF50mm F2 R WRは35mm換算で75mmの中望遠の単焦点レンズになります。

ステップアップを考えている方 / 予算のある方

もう少し望遠によった性能の高いF1.2のXF56mmF1.2 R(35mm換算で約85mm)があります。

created by Rinker
富士フイルム
¥103,499 (2019/10/12 08:43:25時点 Amazon調べ-詳細)

保井さんも85mmは特に使用する焦点距離で、ポートレートのみならず風景にも多用していらっしゃいます。

ちなみに「ブラックミスト No.1」というフィルターは、ハイライトとシャドーのコントラストを弱め、ソフト効果を作ることができます。

とーます君

光が滲んでいる感じがすごい綺麗だね

価格もそれほど高いものではないので、興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

これまでに紹介したレンズのフィルター径はこちらをご参照ください。

  • XF 23mm F1.4 R : 62mm
  • XF 35mm F1.4 R : 52mm
  • XF 50mm F2 R WR:62mm

残念ながらXF23mmF2 R WRとXF35mmF2 R WRのフィルター径は43mm、XF50mm F2 R WRは46mmと対応するものがありません。(49mmのサイズから販売)

X-T30 レンズ : 自然風景 (広角)

自然風景はやはり広角のレンズが欲しくなるところです。

XF10-24mmF4 R OISは35mm換算で15-36mmの広角ズームレンズと風景撮影に最適なレンズです。

created by Rinker
富士フイルム
¥100,332 (2019/10/12 08:43:25時点 Amazon調べ-詳細)

風景では基本的にF値を絞って撮影するので、暗いレンズでも問題ありません。

しかし、星も撮影したいという場合にはF2.8以下の明るいレンズが必要になります。

その場合は、最近発売されたリーズナブルなF2.8の広角単焦点レンズ XF16mmF2.8 R WR (35mm換算で24mm)がオススメです。

created by Rinker
富士フイルム
¥46,521 (2019/10/12 08:43:26時点 Amazon調べ-詳細)

ステップアップを考えている方 / 予算のある方

(もし予算があって) 基本的に風景写真を撮り、時々星も撮影するという方には、XF8-16mm F2.8 R LM WR(換算で12-24mm)がいいでしょう。

created by Rinker
富士フイルム
¥226,154 (2019/10/12 08:43:26時点 Amazon調べ-詳細)

もちろん誰しもがここまで予算があるわけではないと思うので、利便性は若干下がりますが「単焦点でもいいからとにかく明るい広角レンズが欲しい」という方にはこちらのXF16mmF1.4 R WRです。

created by Rinker
富士フイルム
¥110,916 (2019/10/12 08:43:27時点 Amazon調べ-詳細)

F1.4という明るさなので簡単に綺麗な星空の写真が撮れます。

別のメーカーですが、僕自身20mmでF1.4のレンズ1本で、風景や星など様々な被写体を撮影してきましたので、個人的には単焦点レンズでも全然問題ありません。

SIGMA 20mm F1.4 DG HSM レビュー:SIGMA 20mmF1.4 DG HSM – 星空・風景にオススメなシグマの超広角単焦点レンズ

もちろん風景のみならず、様々なシーンでできるので広角のレンズは1本欲しいところです。

広角レンズをまとめると、以下の通りになります。

  • XF8-16mm F2.8 R LM WR (超広角 / 少し暗い / 約20万)
  • XF10-24mmF4 R OIS (超広角 / 暗い / 約9万円)
  • XF16mmF1.4 R WR (広角 / 明るい / 約11万円)
  • XF16mmF2.8 R WR (広角 / 少し暗い / 約5万円)

焦点距離(ズームor単焦点)や、明るさは使用方法(被写体)によって異なってきます

もちろん風景のみならず、

どういったものを撮影するか、またどのくらいの予算をあてられるか考えつつ一番合ったものを選びましょう。

なお、レンズ名称のアルファベットの意味は以下の通りです。

・R:Ring (絞りリング)
・LM:Linear Motor (リニアモーター)
・OIS:Optical Image Stabilizer (光学式手ブレ補正機構)
・WR:Weather Resistant (防塵・防滴)

おすすめのレンズ

まずは標準の23mmか35mmの単焦点レンズを。56mm前後の中望遠レンズ、16mm前後の広角レンズも持っていると幅が広がります。

Fujifilm X-T30:レンズキット

レンズキットは2種類あります。

X-T30とXF18-55mmF2.8-4 R LM OISのキットと、X-T30とXC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZのキットです。

レンズキット : X-T30 + XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS35mm換算で27mm-82.5mmのレンズです。

F値は一番明るい(ボケやすい)2.8から4まで焦点距離によって最小の値が変動します。

F4辺りになると少し暗い(ボケにくい)ですが、ズームレンズが欲しいのであれば、X-T30の標準ズームレンズとしては十分かもしれませんが、先ほども説明した通り単焦点レンズの方が写真が楽しくなるのでそちらがオススメです。

ステップアップを考えている方 / 予算のある方

X-T30と同じレンズをX-T3でも使用できるので、もし将来的にX-T3などの上位機種にステップアップを考えているのであれば、少し値段は上がりますがこちらのハイスペックのレンズもオススメです。

created by Rinker
富士フイルム
¥123,375 (2019/10/12 08:43:27時点 Amazon調べ-詳細)

レンズキット : X-T30 +XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ

XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ35mm換算で22.5mm~67.5mmと先ほどの標準ズームレンズよりも少し広角のレンズになります。

しかし、F値が一番明るくてもF3.5と、ボケのある写真を撮るには物足らないでしょう。

正直なところこのレンズキットはあまりオススメできません。

おすすめのレンズ

どうしてもズームレンズが必要なのであれば、XF18-55mmF2.8-4 R LM OISとのキットを。そうでなければ単焦点レンズをボディと別に購入しましょう。

価格:Fujifilm X-T30

ここでボディ単体の価格を見てみましょう。

約10万円と性能の割に価格がかなりリーズナブルになっています。

とーます君

レンズと合わせても15万円ほどだね

Amazon gift card

Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にチャージしてからの購入がお得。

現金チャージするたびに、チャージした金額 × 最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります。

有効期限はチャージしてから10年間なので安心。オートチャージ設定も可能です。

  1. Amazonギフト券にチャージするたびに最大2.5%のポイントが貰える
  2. チャージした金額はその日から10年間有効

最大2.5%のポイント獲得

 Amazonギフト券にチャージする

チャージしてから購入、簡単でお得です。
コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いで。

 

Fujifilm X-T30 とは

ここからFujifilm X-T30の性能の詳細を説明していきます。

Fujifilm X-T30は2019年3月20に発売されたAPS-Cミラーレスカメラです。

X-T30は2019年2月に発売されたX-T20の後継機で、外観やサイズなどはほとんど変わらないものの、X-T20から性能面ではるかに進化しています。

また、2018年9月に発売された上位機種X-T3と同クラスのスペックを多く備えています

Fujifilm X-T30

Official Fujifilm X-T30 sample images by Bryan Minear

  • 2019年3月20日発売
  • Fujifilm Xマウント
  • APS-Cミラーレスカメラ
  • エントリークラス向け
  • X-T20 (2017年2月発売)の後継機

比較:X-T30 vs X-T3 vs X-T20

外観比較:X-T30 vs X-T3

Apotelyt.comでのX-T30とX-T3の比較画像を引用して、ここでご紹介します。

Fujifilm X-T30

Fujifilm X-T30

Fujifilm X-T30

X-T3と比較して、一回りコンパクトになっているようですね。

重さもX-T3と比べて約150gも軽いことがわかります。

外観比較:X-T30 vs X-T20

Fujifilm X-T30

Fujifilm X-T30

Fujifilm X-T30

X-T30とX-T20のサイズの違いは、奥行きがX-T30の約47mmに対して、X-T20は41.4mmとわずかにコンパクトになっています。

外観の大きな変化は、背面ディスプレイの右側、親指周りのボタンです。

十字ボタンが無くなり、フォーカスレバー(8方向レバー)が装備されました

慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、より素早いフォーカシングが可能になるでしょう。

性能比較:X-T30 vs X-T3 vs X-T20

Fujifilm X-T30とX-T3, X-T20は性能面でどう違うのか、主要なスペックを抜粋し表にしてみました。

X-T30X-T3X-T20
発売日2019年3月2018年9月2017年2月
価格約106,000円約174,000円約62,000円
イメージセンサーAPS-C
(X-Trans CMOS 4)
APS-C
(X-Trans CMOS 4)
APS-C
(X-Trans CMOS III)
有効画素数約2610万画素約2610万画素約2430万画素
画像処理エンジンX-Processor 4X-Processor 4X-Processor Pro
ボディ内手振れ補正
ISO感度160~12800
(拡張:80~51200)
160~12800
(拡張:80~51200)
200~12800
(拡張:100~51200)
連続撮影枚数約8コマ/秒
可逆圧縮RAW 18枚
非圧縮RAW 18枚
JPEG 90枚
約11コマ/秒
可逆圧縮RAW 42枚
非圧縮RAW 36枚
JPEG 145枚
約コ8マ/秒
可逆圧縮RAW 33枚
非圧縮RAW 27枚
JPEG 83枚
連続撮影枚数
(電子シャッター設定時)
約30コマ/秒
可逆圧縮RAW 17枚
非圧縮RAW 17枚
JPEG 26枚
約30コマ/秒
可逆圧縮RAW 35枚
非圧縮RAW 33枚
JPEG 60枚
約14コマ/秒
可逆圧縮RAW 28枚
非圧縮RAW 25枚
JPEG 42枚
AF測距点(位相差)425点425点175点
顔検出
瞳検出AF-S時
EVF0.39型 236万ドット0.5型 369万ドット0.39型 236万ドット
液晶パネル104万ドット / 3.0型104万ドット/ 3.0型
(3軸チルト)
104万ドット / 3.0型
タッチパネル
動画記録方式MPEG-4 AVC / H.264MPEG-4 AVC / H.264
HEVC / H.265
MPEG-4 AVC / H.264
4K /最大撮影時間30p /10分60p /30分30p /10分
DCI (4,096 x2,160)
FHD /最大撮影時間60p /15分60p /30分60p /15分
ハイスピード120p120p
外部出力4K 30p (4:2:2 10bit)4K 60p (4:2:2 10bit)4K 30p
Log撮影
ETERNA
(フィルムシミュレーション)
SDカード / スロットUHS-I / 1スロットUHS-II / 2スロットUHS-I / 1スロット
WiFi / Bluetooth◯ / ◯ / ◯ / –
USB 充電 / 給電◯ / ◯ / ◯ / 
撮影可能枚数約380枚約390枚約350枚
防塵防滴
サイズ118.4 x 82.8 x46.8mm132.5 x 92.8 x 58.8mm118.4 x 82.8 x 41.4mm
総重量383g539g383g

比較してみるとX-T20よりもかなり進化していることがわかりますね。

それと同時にX-T30の約半年前に発売された上位機種のX-T3の性能の多くをX-T30も備えています。

例えば、イメージセンサーや画像処理エンジンはX-T3と同じですし、動画面でもX-T3同様Log撮影が可能となっています。

AFはX-T20よりも大幅な機能UPを果たしました。

顔検出“と”瞳AF“は以下の動画(1:15~)を見てもわかる通り、追従速度はかなり速く、横を向いた際にもしっかり追従しています

瞳AFで最先端を走っているSonyにも劣らない印象です。

また、”顔セレクト“という機能で、複数の被写体の中から優先してフォーカスをしたい顔をタッチすると、フォーカスをし続けることができます。

Fujifilm X-T30

運動会などのイベントで自分の子供にフォーカスをしたいときに便利です。

また、Fujifilmの一つの大きな特徴であるフィルムシミュレーション。

そのフィルムシミュレーションの中でも、映画のような色合いを表現できる”ETERNA“を使用できます

この価格にしてX-T3と同様の性能を兼ね備えているなんてお得過ぎますね。

オススメポイント
  • 軽量コンパクト
  • XT-3と同じ約2600万画素のイメージセンサーと画像処理エンジン
  • 従来機よりも優れた高速&高性能AF
  • DCI4K30pに対応
  • 4:2:2 10bit外部出力や4:2:0 8bit内部記録に対応
  • フィルムシミュレーション ETERNA(エテルナ)実装

もちろん、X-T3より劣る部分はあります。

連写速度、動画、防塵防滴といった性能の面ではX-T3の方が優れています

逆に言えば、そこまで連写する必要はない、動画もある程度撮れれば十分(X-T3の動画性能を最大限生かそうとするとPCなどの機器のスペックもそれなりに必要になります)、雨風などの厳しい環境下で撮影はない、というのであればX-T30で十分でしょう。

 

こんな人におすすめ
  • これからカメラの購入を考えている人
  • ETERNAなどのフィルシミュレーションを使いたい人
  • Fujifilmの色が好きな人
  • 連写機能や厳しい環境下で使用する予定がない人

まとめ

今回は2019年3月に発売されたばかりのFujifilm X-T30とオススメのレンズをご紹介しました。

価格もこれからカメラを始める方に手の届きやすい価格ですし、レンズも豊富にラインナップされているので安心です。

Fujifilmのおしゃれデザインの外観や、フィルムメーカーとして培ってきた写真の色などが特徴なので、写真が楽しくなること間違いなしです。

どのレンズやレンズキットを買うか迷っている方には、XF 23mm F2 R WR かXF 35mm F2 R WRがオススメです。

Fujifilm XF 23mm F2 R WR

標準単焦点レンズ

 Amazonで探す

XF 23mm F2 R WR (35mm換算で35mm)

 

Fujifilm XF 35mm F2 R WR B

標準単焦点レンズ

 Amazonで探す

XF 35mm F2 R WR (35mm換算で53mm)

他にもオススメのミラーレスカメラを紹介しているので、こちらもぜひご覧ください。

Mirroless camera 【2019年最新】おすすめミラーレス一眼カメラ5選 : カメラを選ぶ5つのポイント、性能やレンズも紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です