SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM – シグマのハイエンド望遠ズームレンズ

SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM

ついにSIGMAから待望の70-200mm F2.8が発売されました。

発売されるマウントはキヤノン、ニコン、シグママウントです。

このレンズは各メーカーがラインナップするF2.8で14mm(15,16mm)から200mmまでを広角ズーム、標準ズーム、望遠ズームレンズでカバーする大三元と呼ばれるレンズのうち、70mmから200mmの望遠域をカバーするズームレンズになります。

▼大三元についてはこちら

SIGMAの大三元レンズのうち、広角ズーム、標準ズームレンズについてはこちらから

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM : 風景や星景にオススメのシグマの広角ズームレンズ SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM : コスパ最強のフルサイズ用標準ズームレンズ

今回はどのメーカーもラインナップするこの70-200mmF2.8の魅力と、最新の設計と技術が投入されたこのレンズのメリットを紹介していきます。

焦点距離

先ほども紹介しましたが、この70-200mmという焦点距離は各メーカーから発売されており、プロの写真家にとってもマストのレンズでしょう。

70-200mmで撮影できる被写体は多岐に渡っており、風景、ポートレート、モータスポーツなど、様々な場面で撮影することができます。

sigma70-200

(SIGMA公式サイトより引用)

F値

このレンズはどの焦点距離でもF2.8というF値の設定で撮影することができるので、ポートレートなどで背景を簡単にぼかすことができます。

もちろん夜の暗い場所でも十分に光を取り入れることができるので、かなり汎用性が高いでしょう。

また、F値が低い=明るいので、シャッタースピードをそこまで長くする必要もなくなります。

sigma70-200 2

(SIGMA公式サイトより引用)

従って、モータースポーツなどシャッタースピードをできるだけ早くしたい場面でもかなり活躍する一本です。

手ブレといった面でもシャッタースピードを早くできるのは大きなメリットでしょう。

解像度

各メーカーから同じ焦点距離、F値で発売されているので、価格以外でどこがどう違うのか判断するのはなかなか難しいように思います。

今回はレンズを選ぶ基準の1つである解像度に着目していきます。

まず解像度についてですが、SIGMAの70-200mmはまだレビュー記事などがないようなので公式のMTFチャートを比較してみたいと思います。

MTF線の見方は、一方の線(だいたい高い値の線の方)、以下のグラフの例の場合は赤い線が高ければ高いほど、コントラストがよくヌケの良いレンズで、もう一方の線(前者のよりも低めの線)、以下のグラフでいう緑線が高ければ高いほど解像度が高いレンズということになります。

棒線と点線の形が近ければ近いほどボケ味の良いレンズになるそうです。

また、横軸は中心からの距離なので、右側に向かうに連れて写真の周辺側に向かうことを意味します。(一般的に周辺に行くに連れて解像度が落ちていきます。)

簡単にまとめると2つの線がどの値でも高い位置をキープしていると解像度よく、ボケ味もいいレンズだということです。

まずSIGMAとCanonの70-200mm F2.8レンズの、70mmF2.8の時の解像度の比較です。

この場合SIGMAの赤線と、Canonの黒線が高ければ高いほど、コントラストがよくヌケの良いレンズで、SIGMAの緑線とCanonの青線が高ければ高いほど解像度が高いレンズということになります。

中心、周辺ともにSIGMAの方が上回っているようです。

続いて200mmF2.8の時の比較です。

200mmでもSIGMAの方が高い解像度を保っています。

特にCanonは周辺での解像度が落ちていますが、SIGMAはかなりいい値をキープしていることがわかるでしょう。

ちなみに最近発売されたEF70-200mm F2.8L IS III USMはコーティングなどが変わった程度で旧型から中身自体は全く変わっていないみたいですので、もし迷われている方はその価格差を考えても旧型を買うことをオススメします。

created by Rinker
キヤノン
¥204,540 (2019/10/12 14:19:07時点 Amazon調べ-詳細)

次はSIGMAとNikonとの比較です。

赤線と赤線との比較、緑線と青線との比較になります。

70mmF2.8での比較ですがNikonは周辺に行くに連れてかなり解像度が落ちていますね。

続いては200mmF2.8での比較です。

こちらも70mm同様中央から周辺まで高い解像度を維持しているSIGMAに対し、Nikonは周辺に行くにつれて解像度が落ちていっています。

最後にSonyの70-200mm F2.8との比較です。

赤線とオレンジ線、緑線同士の比較になります。

70mmF2.8での比較は周辺の解像度はSIGMAの方がやや優っているようですが、中央ではSIGMAの方がかなり上回っていますね。

200mmF2.8での中心はSonyの解像度が上回っているようです。

周辺ではSonyが落ちていっているのに対して、SIGMAは高い解像度をキープしています。

以上純正メーカーと比較しましたが、SIGMAの70-200mmが他のメーカーのレンズよりもかなり高い解像度を持っていることがわかります。

ただしこれは各メーカーごとで測定された結果なので、この比較はあくまでも参考程度にしていただければと思います。

価格

気になる価格ですが、約15万円ほどと大三元の望遠レンズにしてはかなり価格が抑えられています。

created by Rinker
シグマ(Sigma)
¥136,677 (2019/10/12 14:19:08時点 Amazon調べ-詳細)

他のメーカーの価格の約半分ほどの価格で、性能(解像度)で勝っているというコスパの良さは凄すぎますね。

SonyユーザーもMC-11を介することでEマウントでも使用可能です。

関連記事のIDを正しく入力してください

MC-11とSIGMAの70-200mmを購入してもSonyの70-200mmよりも約10万円安く購入できるのです。

Amazon gift card

Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にチャージしてからの購入がお得。

現金チャージするたびに、チャージした金額 × 最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります。

有効期限はチャージしてから10年間なので安心。オートチャージ設定も可能です。

  1. Amazonギフト券にチャージするたびに最大2.5%のポイントが貰える
  2. チャージした金額はその日から10年間有効

最大2.5%のポイント獲得

 Amazonギフト券にチャージする

チャージしてから購入、簡単でお得です。
コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いで。

まとめ

SIGMAから大三元の望遠域70-200mmF2.8がスポーツラインからようやく発売されました。

他の大三元14-24mmF2.8, 24-70mmF2.8に続いてかなり解像度などの性能がよくコスパの高いレンズになっていること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です